伊賀くみひも

伊賀くみひも イガクミヒモ

綿々と編み込まれる職人の技
歴史と共に進化を続ける美しい組紐

Description / 特徴・産地

伊賀くみひも(いがくみひも)は、三重県で作られている組紐(くみひも)です。主に絹糸を使い、組み糸に金銀糸を使用して作られています。
伊賀くみひもの特徴は、色とりどりに染められた絹糸の1本1本が光に映え、交わりあって輝く美しさです。手組みひも、と呼ばれる手で組み上げるものが有名です。絹糸が織り成す「組み」独特の風合いや、絹糸が創り出す華やかな魅力を持っています。
古来より伝承されてきた伊賀くみひもは、職人たちによって時代を超えて守られ進化してきました。伊賀くみひもには、たくさんの人々の想いと時間も共に綾なされており、深い風合いが生まれています。
日本の伝統文化として海外からも注目される和装の帯締めなどの小物はもちろん、現在のライフスタイルに合ったストラップなど新たな伊賀くみひもも商品開発されています。キーホルダーやブレスレットなどの身近のアイテムが自分で製作できる体験教室も開かれ、伊賀くみひもの産地は身近な存在としての「くみひも」を発信し続けています。

History / 歴史

伊賀くみひも - 歴史

伊賀くみひもの技術は、大陸から仏教と共に伝わってきました。当時は主に経典の装飾や袈裟(けさ)などに用いられていた、と言われています。平安京に都が移った後も、束帯(そくたい)という王朝貴族の装束(しょうぞく)に欠かせない装飾品に用いられました。組緒(くお)の帯(おび)は芸術性の高さから、時代が変わっても引き継がれています。
鎌倉時代には武士の道具にも利用されました。室町時代には茶の湯の道具の飾り紐になるなど、幅広く認知されていきます。戦国時代になると、鎧(よろい)の装飾に用いられ、江戸時代は刀剣の飾り紐となりました。
武具、装身具の職人たちは江戸幕府の保護の下、技巧を競いあうことになっていき技術が進歩します。組み方の種類が増えて、印籠(いんろう)や羽織(はおり)の紐、煙草(たばこ)入れの紐などにも、利用されるようになりました。
明治時代に入ると廃刀令が発令されて、伊賀くみひもは衰退を余儀なくされますが、生活様式の移りかわりにも順応をし、様々な製品が開発され技術が守られています。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.糸割り(いとわり) 組紐は、主として生糸・絹糸を用いて、金銀糸などを組糸として、伝統的な角台・丸台・高台・綾竹台などの組台で、繊細で美しい紐に組み上げたものです。
    糸割りは組紐の最初の工程で、完成品に必要となる絹糸を必要な分だけ準備をします。糸を秤にかけ、帯締め一本分を基準に、作ろうとする紐の糸を量りにかけ、作ろうとする紐の本数分の糸を重さで分ける作業です。
  2. 2.染色 染色の工程では、作ろうとする組紐の完成品のデザインを見ながら、ムラなく染めていきます。色見本に忠実な微妙な色合いをだすには、各種染料を調合して、糸を染色液に浸す、という繊細な作業の繰り返しです。この繰り返しによって、色の濃淡や深みを忠実に表現していきます。デザインによって「ぼかし」の表現も行うため、非常に熟練した緻密な工程です。染色に使う染料は7色で、これらの染料をどのような割合で調合するのかなどの判断は職人にゆだねられます。長年の経験や技術、そして勘で、調合の割合や濃度を変えていきながら、染め上げていくのです。
  3. 3.糸繰り(いとくり) 糸割りと染色の工程を経た糸を、座繰り(ざくり)という道具で小枠(こわく)に巻きとります。
  4. 4.経尺(へいじゃく) 巻き取った糸はさらに経尺枠に巻き取りながら、同時に糸の本数を整えて、組み上げに必要な長さと本数を用意します。
  5. 5.撚かけ(よりかけ) 経尺の工程を経て、糸の長さと重さを合わせた糸を「八丁(はっちょう)」という撚りかけ車を使用して、撚りをかけます。合糸されて巻き上げた絹糸は一玉ずつ区別をして組み味を変化させるため、撚り掛け機を用いて適切に撚りをかけるのです。
  6. 6.組みあげ 各々の組台と製組機を使用して、組紐を組み上げていきます。組紐は大きく分けて3つあり、丸組紐・角組紐・平組紐です。組台は種類によって特徴があるので、組紐の種類によって使い分けをします。組台は一般的に、丸台・角台・綾竹台・高台です。明治時代に伊賀のくみひもが地域に定着したころは80軒以上あった組紐店も減少し、組紐を組む「組子」も減っています。手組みの組紐は大変希少なものになってしまったのが現状です。しかしながら組台を使った手組みの組紐の、全国の生産高の90%を、伊賀くみひもが占めています。今では組台の作業を「製紐機」を使って機械化しており、大量生産が可能です。
  7. 7.仕上げ 組み上げられた紐の仕上げは、両先の「房付け」から始まります。一本一本を手作業で丁寧に糸をほぐし、房目をしっかりと糸で結んで、房は蒸気で「湯のし」をして美しく整えていくのです。最後の仕上げには「転がし台」という道具を使用して組目を整えます。このように職人の技術と手間をかけて作られる伊賀の組紐で作られた帯どめは、上質の絹糸を高い密度で編みこんであるため、しなやかで締めやすいでき上がりです。エレガントな色柄と強くて付け心地が良いのが、伊賀のくみひもの特長と言えます。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

組紐工房 廣澤徳三郎 クミヒモコウボウヒロザワトクサブロウ

組紐工房 廣澤徳三郎

磨き抜かれた伝承の心と技が生み出した優美な糸の芸術。格調高い伝統の香が伝わる徳三郎の組紐をお楽しみいただければ幸いです。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

伊賀くみひもセンター - 組匠の里(くみのさと)

  • 住所
  • 電話
    0595-23-8038
  • 定休日
    月曜日、年末年始
  • 営業時間
    9:00~17:00
  • アクセス
    JR関西本線「伊賀上野駅」よりバス市民病院行「並松」下車徒歩3分 または近鉄伊賀線「桑町駅」より徒歩8分
  • HP