江戸木目込人形 写真提供:岩槻人形協同組合

江戸木目込人形 エドキメコミニンギョウ

雛人形や五月人形などバリエーションが豊富
頭から手足まで丹念に作りこまれた逸品

Description / 特徴・産地

江戸木目込人形とは?

江戸木目込人形(えどきめこみにんぎょう)は、東京都台東区や墨田区、荒川区などで作られている人形です。製法は原型に細い溝を掘り、その溝に衣装の布地を挟み込む(きめこむ)技法で作られています。人形の胴体や手足部分には、桐材の粉を正麩(しょうふ)糊で練って固めた桐塑(とうそ)が用いられ、頭には白雲土、衣装の生地には絹織物や綿織物、髪には絹糸が使われています。胴体に貼り付ける衣装の布地は一枚であることから「原型作りが命」とされ、その造形美に作者の特徴がはっきりと現れる人形です。
江戸木目込人形の特徴は、顔立ちはやや細面で、目鼻立ちがくっきりしていることです。江戸木目込人形は、京都で発達した技術が江戸に伝わった人形で、江戸の文化的な発展にともない木目込人形も江戸風に変化していきました。
江戸木目込人形はシャープな印象であるのに対し、京都人形は顔立ちが宮廷風でふっくらしています。さらに江戸木目込人形は雛人形や五月人形のほか浮世人形など、現代においてもバリエーション豊かな作品が製作されています。主に桐塑(とうそ)で作成されるため、軽くて持ち運びしやすく、丈夫なうえに型崩れもしにくいことも魅力です。

History / 歴史

木目込人形は、上賀茂神社の神官・高橋忠重が、神事に使う柳筥(やなぎばこ)の材料を柳の木の残片で人形を作り、衣装の切れ端をきめ込んで着せたことが始まりとされています。
1736~41年(元文年間)に京都の賀茂で生まれたため、かつては「賀茂人形」「賀茂川人形」「柳人形」などと呼ばれていました。その後、人形師が「賀茂人形」を商品化し、衣装の生地を切れ目に挟み込むことから「木目込人形」と呼ばれるようになりました。
1711~15年(正徳年間)には、江戸へ下った京都の人形師によってその技法が伝えられ、江戸風の江戸木目込人形が発達していきます。
明治後期には、木彫りの胴体に裂張りという古来の製法から、桐塑(とうそ)を型抜きして胴体を作る現在の製法に変わり、大量生産が可能になりました。また、個性的で多様な種類の木目込人形が数多く作られるようになりました。
現在も昔ながらの手仕事で製作される江戸木目込人形は、経済産業大臣により「伝統的工芸品」に指定されています。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.原型づくり 人形のイメージが決まった後、デッサンに基づいて原形となる塑像(そぞう)を粘土で作る作業です。
  2. 2. 釜いけ 原形を木枠のなかに入れて溶かした硫黄を流し込み、人形の型をとります。この型は「釜」と呼ばれ、原形の前半分と後半分を作ります。
  3. 3.素地づくり 前後の「釜」のなかに油を塗って、それぞれに桐材の粉に糊で混ぜて練った桐塑(とうそ)を詰めます。胴体の中心部には紙を詰めて、型くずれしないように補強します。「釜いけ」したものの前後を合わせ一体にして、はみ出た「バリ」を削り、「釜」から抜く作業を行います。素地をよく乾燥させ、ひび割れや凹凸は竹べらを使って桐塑(とうそ)で補足し、やすりで補修しながら胴体部分を仕上げます。
  4. 4.胡粉塗り 貝殻から作った白い顔料「胡粉(ごふん)」を膠(にかわ)で練って溶かし、胴体に塗ります。この作業は、膠(にかわ)を胴体にしみ込ませ、生地を引きしめて崩れやすさを防止するためです。また、筋を彫りやすくしたり、木目込む生地の発色を良くしたりする役割もあります。
  5. 5.筋彫り 胡粉(ごふん)が乾いたら、衣装の生地を木目込んでいくために「筋彫り(すじぼり)」と呼ばれる溝作りの作業を行います。 筋彫り(すじぼり)は人形の仕上がりに大きく影響するため、彫刻刀などを使用して一定の幅と深さになるように慎重に彫っていきます。
  6. 6.木目込み 筋彫り(すじぼり)した溝に練った寒梅粉(かんばいこ)を入れて、型紙に合わせて切っておいた生地を目打ちで木目込みます。
  7. 7.頭づくり 頭には桐塑(とうそ)のほか石膏(せっこう)や焼き頭を使います。桐塑(とうそ)を使う場合は、顔と後頭部に分けた釜に、胴体に使ったものより粒子が細かい桐塑(とうそ)を詰めます。中心部は胴体と同じく空洞にし、よく乾燥させた素地をやすりで補修します。
  8. 8.頭の胡粉塗り 地塗りを乾燥させた後、置上げ胡粉(ごふん)をつけて、鼻・口を置き上げます。乾燥させたら切り出し小刀で削り補正します。次に中塗りを行います。地塗りより濃い胡粉(ごふん)を頭全体にかけて形を整える作業です。乾燥したら、水で濡らした布で拭き、胡粉(ごふん)のムラを取り除きます。続いて、置き上げした鼻・口を丹念に削り、微妙な表情を作る作業を行います。上塗り胡粉の上澄みを刷毛で、丁寧かつ迅速に塗っていきます。",原木を見て、その表面の状態から性質を把握し、作りたい製品に適したものを選び取ります。原材料としてはケヤキ、桑、肥松(こえまつ・松脂が多く含まれ、幹の太い松)、ヤマザクラが用いられます。作る予定の製品が彫り出せる大きさに鋸(のこぎり)で切り出し、自然乾燥させます。乾燥期間は2、3か月程度です。,"10.毛彫り
    髪の毛の植え込み部分に溝を彫ります。
  9. 11.毛吹き 絹糸を黒く染めたものを櫛でとかして毛先を切り揃えます。糊をつけ、髪の毛の短い部分から毛彫りした溝に目打ちを使って植え込みます。
  10. 12.取りつけ 木目込みを行った胴体に、向きや角度を考えながら、別に作っておいた頭・冠、持ち物などを取りつけていく工程です。
  11. 13.仕上げ 髪の毛をブラシで整え、小道具をつけて仕上げます。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

株式会社柿沼人形 カキヌマニンギョウ

木目込人形を世界に発信している会社です。 独創的な雛人形・五月人形を作る江戸木目込人形の匠柿沼東光。伝統的なものから現代のライフスタイルに合わせたものまで、常に斬新な商品を制作・追及しています。

有限会社 新井人形店 アライ

伝統美を受け継いだ木目込人形やひな人形を飾っていただき、多くの方に喜んでいただくことが私の喜びでございます。

塚田工房

時代布を使用しての二重張木目込仕立て、桐塑本練り頭等伝統の品質と技にこだわり、衣裳一点物に力を入れています。創作人形制作にも、親子共々取り組んでいます。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

埼玉伝統工芸会館

  • 住所
  • 電話
    0493-72-1220
  • 定休日
    月曜日(祝日の場合は開館)、休日の翌日(土曜日、日曜日、祝日の場合は開館)、年末年始(12/29~1/3)
  • 営業時間
    9:30~17:00
  • アクセス
    小川町駅から「小川パークヒル行バス」伝統工芸会館前下車徒歩1分
  • HP