香川漆器

香川漆器 カガワシッキ

鮮やかな色彩バリエーションが魅力の漆器
東南アジアから伝わった個性豊かな技法

Description / 特徴・産地

香川漆器(かがわしっき)は、香川県高松市を中心に生産されている漆器です。菓子器や盆、座卓、飾り棚など多岐に渡る商品があり、様々な生活シーンで幅広く愛されています。
香川漆器の特徴は、多彩で優雅な色漆が美しく、製作される商品の種類が豊富であることです。使い込むうちにしっとりした手触りと美しい艶が出て、割れにくい漆器となります。
代表的な技法は、江戸時代後期に玉楮象谷(たまかじぞうこく)が中国やタイから伝来した漆器を研究し確立しました。古来の漆器技法から生まれた、「蒟醤(きんま)」、「存清(ぞんせい)」などは現在も受け継がれている技法です。
「蒟醤」という名称は、タイの植物の実の名前が由来と言われ、紋様を線彫りした窪みに、色漆を色ごとに充填する作業です。繰り返し作業を行い、全ての充填が終わると表面を平らに研ぎ出します。
「存清」は東南アジアから中国を経て日本に伝わった技法で、黒、赤、黄の地の漆面に色漆(いろうるし)で絵を描き輪郭や絵の主要部を線彫り、毛彫りをして仕上げます。

History / 歴史

香川漆器は江戸時代の藩政の保護を受け、品質と生産量ともに着実に発展してきました。1638年(寛永15年)に水戸から高松へ松平頼重が入られ漆器製作や彫刻を奨励します。名工や巨匠と呼ばれる職人を排出しており、中でも玉楮象谷(たまかじぞうこく)が有名です。
1806年(文化3年)に高松市で生まれた玉楮象谷は、20歳になると京都へ遊学しました。京都で塗師・彫刻師・絵師らと交友し、中国から伝来した漆塗技法を研究開拓します。1869年(明治2年)に64才で逝去するまで、藩主3代に仕えて漆器製作に尽力しました。
他にも、「後藤塗(ごとうぬり)」と呼ばれる塗手法を創り出した後藤太平も著名な名称の一人です。重要無形文化財醤技術保持者に指定された、磯井如真(いそいじょしん)、音丸耕堂(おとまるこうどう)などの巨匠も香川漆器の発展に功労してきました。
1949年(昭和24年)に重要漆工業団地の指定を受け、香川漆器の年間生産額は約250億円にまで発展しました。展示会などに入賞する漆芸作家は70人以上で、漆器関係の仕事に従事する人は約2,000名と言われています。
また、キンマ、存清のほか彫漆、後藤塗り、象谷塗りなど五品目が香川の伝統的工芸に指定されている。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.木固め 香川漆器の代表的な技法である象谷(ぞうこく)塗りを基本にして、工程をご紹介します。象谷塗は、創案者である玉楮象谷(たまかじぞうこく)の名前から名づけられた技法です。
    トチをくりぬいた白木地に、生漆を塗り込みます。白木地とはまだ塗られていない状態の木型のことです。ここで木地に塗り残しがあると、仕上がった製品の堅牢さに影響がでてしまいます。全面に丁寧に塗っていく作業が、後工程の全ての基となるため重要な工程です。生漆を塗った後は、一日「ムロ」という場所に入れて乾燥させます。しっかり乾燥させてから後工程の作業にかかるためです。
  2. 2.木地研ぎ ロクロを使って、木地を研いで表面をなめらかにしていきます。木地の荒れやササクレなどがないように、丁寧に修正する工程です。木地研ぎ作業によって、塗り工程での接着が良くなるという効果があります。
    生漆に欅(けやき)のおがくずなどをいれて混ぜて作るのが、刻宇(こくう)です。木地の虫食いの穴や木地のへこんだ部分へ刻宇を塗り、乾いたら次に塗る漆の接着を良くするため表面をペーパーで滑らかにします。
  3. 3.塗り重ね 再度、生漆だけを使って数回塗り重ねをしていきます。塗り重ねの工程は、塗りの後に水研ぎをする、という作業の繰り返しです。塗りと塗りの間に、必ず水研ぎの作業が入ります。塗りの接着強度をより強くするために欠かせない作業です。漆は乾くのには一日ほどかかるため、例えば5回の塗り重ねは、最低でも5日以上かかることになります。塗った後は、表面がしっかりと乾燥してから次の工程へ進むことが、塗り重ね作業の重要なポイントです。
  4. 4.塗り込み 生漆を接着剤のように使って、池や川辺に自生する「真菰(まこも)」を塗りこみます。真菰は川辺に自生するコモガヤの一種です。黒い実の部分を、黒い粉末にして使用します。象谷塗りでは、真菰の黒い粉末が、木地の紋様の中に入り黒色の艶となるのです。真菰は塗りこんだ後、余分な粉を払い落とします。
    漆は耐水性を増すための塗料であり、ニカワなどと混ぜると接着剤代わりにもなる万能塗料です。艶を出すために、漆をタンポという道具で塗って、余分な漆を布で拭き取ります。
  5. 5.ツヤだし 「立漆塗(たてうるしぬり)」の場合は、炭を使って表面を滑らかにして、重ねる漆の接着をよくするのが特徴です。塗立朱合漆を使って練った色漆を刷毛で塗って、乾燥させて一度で艶を出します。「後藤塗(ごとうぬり)」は、独特の斑紋が特徴で、中塗の上から朱合漆に朱を加えた漆を塗った後、乾かないうちに指先を使って斑紋を描きます。直接指先を叩いたり、撫でるようにして付けていくのが斑紋です。「斑紋」の技法は、指たたき、指なでと呼ばれ、指の叩き方を変えることで模様が変化します。
    漆の塗りを繰り返すため、使い込むほどに艶がでて味わいが深くなるのが香川漆器です。他にも「蒟醤(きんま)」、「存清(ぞんせい)」、「彫漆(ちょうしつ)」などの技法があります。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

株式会社  森繁 カブシキガイシャ モリシゲ

家具にはいくつかの「顔」があります。私たちの毎日の生活を便利にする道具というだけでなく、人の心に憩いをもたらし、より豊かな暮らしを支えるものでなければなりません。こうした家具をつくるとき、単に機能性や耐久性だけでなく、使う人の感性に応える「美」と「個性」が要求されると考えています。それぞれの家具に秘められた意匠や特長があなたの暮らし方に重なるときはじめて生活のなかに息づき、本来の良さを生みだすものだからです。そしてこのことが良いものを大切に使っていく――これからの家具づくりのポイントだとモリシゲは考えています。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

香川県商工奨励館

香川県商工奨励館