京小紋

京小紋 キョウコモン

雅な落ち着きと華やかさを併せもつ
気品溢れる柔らかな伝統的染物

Description / 特徴・産地

京小紋とは?

京小紋(きょうこもん)は、京都府で作られている織物です。古来から染め織の中心地であった京都には、型彫の優れた技術があったため、染めだけなく型彫も行われてきました。
京小紋の特徴は、雅びではんなりとした柔らかな雰囲気の色柄です。起源は、基本となる型紙が作成された約1200年前とされています。小紋とは、もともと武士の裃(かみしも)にある小さな文様を単色で型染めしたものです。
江戸時代には小紋を染めた麻の袴が武士の正装になります。庶民の間にも、町人文化の自由でおしゃれな感覚が受けいれられて、粋な流行りとして小紋が広がりました。
元は単色だった小紋も、多彩な色使いへと変化していきます。京都では、京友禅(きょうゆうぜん)と互いに影響を受け合いながら、独自の小紋として発展。柄や色遣いにも気品が溢れています。
近年では、モダンなデザインも登場し、バックなどの小物や洋服などにも京小紋が型染めされるなど、現代にも息づいている製法です。

History / 歴史

京小紋(きょうこもん)は、基本となる型紙が作成された約1200年前が起源とされています。小紋は武士の裃(かみしも)に小さな文様を単色で型染めしたものです。
室町時代や応仁の乱以降には、様々な絹織物が生産されます。京都の堀川を中心に、染色職人が集まる職人町ができるなど、京小紋が徐々に発展していきました。
戦国時代には徳川家康や上杉謙信が京小紋を身に着けたとも言われています。小紋を染めた麻の袴が江戸時代の武士の正装になると、町人たちが粋でおしゃれな感覚で小紋を身に着けるようになりました。
京都が産地である京小紋は、同じ産地の京友禅の影響を受け、他の産地とは異なる独自の小紋として発展を遂げます。江戸小紋(えどこもん)と比べると、京小紋は具象柄が多く、多色染めで色鮮やかな印象です。
染めるための型紙には和紙を使用し、防染のために米から作成した糊(のり)を用いる古来の製法で現在も生産されています。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.型彫り(かたぼり) 型地紙に図柄を写して、模様を彫り抜きします。型地紙とは、美濃和紙を3枚から4枚ほど、紙の目を交互に貼り合わせて柿渋を塗り乾燥させたものです。模様に適した彫刻刀を使い、適切な彫刻技法で掘り抜き作業を行います。彫刻技法は図柄によって異なり、錐彫(きりぼり)・突彫(つきぼり)・道具彫・縞彫(引彫)などです。これら彫刻技法から適した方法で模様を彫刻します。京小紋は大変細かい図柄が多いため、型彫り作業には職人の集中力が必要です。彫った型は散らばらない様に、絹の紗を漆(うるし)を塗って型紙に裏打ちをします。型紙に紗を貼ることで、型紙の補強にもなるのです。
  2. 2.色合わせ 友禅糊(ゆうぜんのり)に染料液を加えて、撹拌棒(かくはんぼう)を使ってよく混ぜて色糊(いろのり)を作り、所定の色を出します。美しい色を出すには、十分な攪拌により均質な色糊をつくることが重要です。そのため出来上がってるものを購入するのではなく、適した色糊になるよう混ぜ合わせて職人が調合します。所定の色へ調合していくために大切な作業は、微妙な調節です。
  3. 3.型置き(かたおき) 生地に張った型紙の上から「駒ベラ」を使用して、防染糊または色糊を付けて、生地に模様を写していきます。使用する型紙は、職人が所有しているものか、特注で作成したオリジナル型紙です。オリジナルの型紙は、依頼内容を基に型彫職人と相談しながら作成します。一型ずつ順々に12メートルある生地全体に、模様づけをしていくのです。
  4. 4.地染め(じぞめ) 地色を染める方法は、2通りの方法があります。1つ目は色糊を駒ベラで塗る「しごき染」で、2つ目は刷毛に染料液をつけて塗る「引き染め」です。
  5. 5.蒸し・水洗い 地染めが終わった布は「蒸し箱」に入れて、蒸気で20~60分間蒸して染料の生地への定着をよくします。蒸し器から出したら、余分な染料や糊を流水できれいに洗い流すことが大切です。でき上がりの色は、この蒸しの工程の良しあしにかかっていると言えます。
  6. 6. 仕上 水洗いの終わった布は、湯気で巾出しを行って整えます。各工程の熟練した職人の技術が施され、京小紋の完成です。仕上がった小紋は、糊置きをした時とは色の白黒が反転した状態になります。このように各工程の熟練した職人によって1点ずつ手作業で作られる京小紋は、例え同じデザインであっても全く同じものはない、と言えるでしょう。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

丸中株式会社 マルナカ

日本の心であり、世界で最も美しいとされる伝統衣裳=きものを、一人でも多くの方に着て頂くのが私共の夢であります。 その夢をより現実のものとさせる為、各産地メーカーと契約し、直結のパイプを敷き、より良い商品をどこよりも安く販売することを可能に致しました。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

京都伝統産業ふれあい館(京都市勧業館-「みやこめっせ」地下1階)

京都伝統産業ふれあい館(京都市勧業館-「みやこめっせ」地下1階)

See other Dyed textiles / 染色品一覧

See items made in Kyoto / 京都府の工芸品