京表具

京表具 キョウヒョウグ

美意識の高い文化人たちが育てた名脇役
上品で実用性に長けた装飾品

Description / 特徴・産地

京表具とは?

京表具(きょうひょうぐ)は、京都府内で作られている表具です。鑑賞や保存を目的として書・絵画などを紙や布で補強し、装飾を施して仕立てる伝統技術を「表具(ひょうぐ)」または「表装(ひょうそう)」と呼びます。
京表具には、代表的な掛軸(かけじく)のほかにも額装(がくそう)・屏風(びょうぶ)・巻物(まきもの)・襖(ふすま)・衝立(ついたて)などがあります。掛軸や額装は和室の装飾に使われ、屏風や襖、衝立は部屋の仕切りや目隠し用などに使われることが一般的です。
京表具の特徴は、京都の長い歴史の中で成熟してきた上品な趣です。都として栄えた京都には、宮中をはじめ茶道の各家元や寺社など表具の需要が多く、上質な材料を調達できる環境にも恵まれていました。また、美意識の高い多くの文化人たちの目に育まれて、その芸術性が洗練されたといわれています。
機能性にも優れており、掛軸などは巻いて保存ができるため、場所を取ることもなく持ち歩きにも便利です。襖や屏風は鑑賞のみならず、防風や防寒のために利用できるため実用性にも長けています。

History / 歴史

京表具(きょうひょうぐ)の歴史は古く、始まりは平安時代といわれています。中国から仏教の伝来とともに伝わったため、当時は経文を書いた巻物である経巻(きょうかん)に施されました。また、仏教の普及にともない、仏画像を礼拝するために始められたものが掛軸(かけじく)などの原形とされています。
表具(ひょうぐ)は表装(ひょうそう)とも呼ばれ、政治や文化の中心であり宗教も盛んであった京都の歴史とともに発展してきました。高湿度で寒暖の差が激しく風が少ない京都の風土が、京表具の製作に適していたこともその発展を促進したといわれています。
床の間ができて絵画が普及したことにより、書画に合わせて表装が施されるようになりました。室町時代から江戸時代にかけては茶道が盛んになり、特有の品格が備わった表具が生み出されます。
その後、洗練された趣をもつ高級表具としてその名が知られるようになり、1997年(平成9年)には「伝統的工芸品」に指定されました。現在も実用品、美術工芸品、そして古美術の修復分野に至るまで、腕利きの職人が伝統的で優れた技を発揮しています。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.裂地(きれじ)の取り合わせ 京表具(きょうひょうぐ)の仕立てには、書画や仏画、美術作品などの本紙(ほんし)・和紙(わし)・裂地(きれじ)・糊(のり)などが用いられます。水で加湿したり乾燥させたりを繰り返し、何段階もの複雑な工程を経て丁寧に作られます。
    まず、作品である本紙(ほんし)を引き立てるためにふさわしい裂地(きれじ)を選ぶ工程です。裂地には、平(ひら)織り・綾(あや)織り・繻子(しゅす)織り・搦(からみ)織りの4種類があります。巻いて保管する掛物の場合は、巻きぐせがつかずに柔らかく仕上がる薄手のものが適しています。表具の良し悪しを決める重要な工程であるため、色柄など本紙とのバランスや全体的な調和、本紙の特性などを見極めながら慎重に選んでいきます。
  2. 2.裂地(きれじ)の肌裏打ち(はだうらうち) 一回目の裏打ち「肌裏打ち(はだうらうち)」を行う工程です。肌裏(はだうら)には、コシが強くて丈夫な薄美濃紙(うすみのがみ)が主に使用されます。
    裂地(きれじ)を裁断し柄を揃えた後に、水分を与えて縮みを入れる水引き(みずひき)を行います。各パーツに合わせて裏打ち紙(うらうちがみ)を選び、必要な大きさに裁断します。裏打ち紙に中心からまんべんなく糊(のり)をのばし、裂地に張ったら撫刷毛(なでばけ)で撫でながら張り付けます。本紙や裂地に直接施す作業のため、高い集中力が要求される工程です。
  3. 3.増裏打ち(ましうらうち) 打刷毛(うちばけ)という道具を使い、二回目の裏打ち「増裏打ち(ましうらうち)」を行う工程です。増裏(ましうら)には、柔らかくて糊付きがよい美栖紙(みすがみ)が主に使用されます。
    肌裏(はだうら)の工程と同じように裏打ち紙(うらうちがみ)を選び、水で湿らせた裏打ち紙の端に竹ベラをあて、繊維が出るように裂きます。裂いた部分は繊維が毛羽立っており、この繊維部分のみで接着することで、厚みを表に響かせないようにします。
  4. 4.中縁(ちゅうべり)増裏打ち 強度を増し、鑑賞を助けるための裏打ちを行います。
  5. 5.付回し(つけまわし) 柄などを考慮しながら、パーツをつなぎ合わせる作業です。
  6. 6.総裏打ち(そううらうち) 全体的に裏打ちを施す工程です。総裏打ち(そううらうち)の時は、滑らかで紙質が硬い宇陀紙(うだがみ)を主に使用します。
  7. 7.風帯付け(ふうたいつけ) 風帯(ふうたい)を生糸を用いて掛軸の表木(ひょうもく)に縫い付ける作業です。
    風帯(ふうたい)とは掛軸の上側に垂れている細長い飾りのことで、表木(ひょうもく)とは、一番上にある半円形の木製の棒です。
  8. 8.仕上げ・完成 軸や紐を取り付けて完成です。
  9. 9.検品 掛軸が水平に掛かっているかなど最終的な検品をします。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

藤岡光影堂 フイジオウカコウエイドウ

長く受け継がれている作品は、同じものが存在せず、唯一の存在であるということを技術者1人1人が認識し、高い意識を持って本紙と向き合わなければならないと考えています。

弘誠堂

京表具の技術で代々受け継がれてきた作品を「何百年と後世に伝え残す」お手伝いを致します。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

京都伝統産業ふれあい館(京都市勧業館-「みやこめっせ」地下1階)

京都伝統産業ふれあい館(京都市勧業館-「みやこめっせ」地下1階)

See other Other crafts / その他の工芸品一覧

See items made in Kyoto / 京都府の工芸品