京友禅

京友禅 キョウユウゼン

鮮やかで多様な色彩が人々を魅了する
雅な文化を感じさせる絵画のような花鳥風月の世界

Description / 特徴・産地

京友禅とは?

京友禅(きょうゆうぜん)は、京都府一帯で作られる染織品です。京友禅の特徴は、豊かな色彩と、絵画的に動物や器物を表現する友禅模様と呼ばれる文様です。
染色の技法が独特で、着物に描く模様の輪郭に隣接する模様が混ざらないように糊を引いていきます。手描きで制作するには手間がかかるため、簡略化された手法が現代では用いられています。
京友禅以外にも、加賀友禅という石川県で発展した加賀五彩という美しい彩りが特徴の模様染めもありますが、加賀友禅には刺繍や金銀箔がないところが華やかな京友禅との大きな違いと言えます。
鮮やかな色彩が美しい京都の雅な文化が生み育てた京友禅は、日本だけではなく世界でも人気の高い染織品となっています。

History / 歴史

江戸時代に、当時有名であった宮崎友禅斎という扇絵師が考案した染織品が京友禅です。扇の絵師として携わってきたデザインを模様染めに応用して染めたものが友禅染の始まりと言われています。
もともと、染色の文化は日本特有の文化が始まった奈良時代から登場し、蝋染めや挟み染めなどが次第に発展しました。室町時代に入ると、豪華絢爛な更紗や絞縫箔などが現れ、京都での染色文化が築かれていきます。江戸時代中期になると、色が豊かで、絵画風の着物が町人のなかでもてはやされ、友禅染が流行していきました。この頃に、さまざまな技術が集約されて染色技術は完成されたと言われています。
明治時代には、化学染料が導入されるようになると化学染料と糊(のり)で色糊を作る技術も生まれます。友禅模様を型紙で写す友禅染に、この色糊が用いられました。この技法は廣瀬治助によって考案され、それまでの友禅染をさらに発展させる転機となりました。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.下絵(したえ) 京友禅は、多くの工程を経て、専門の職人たちが分業しながら手作業で作っていく手間がかかる製品です。まずは、模様やサイズのデザインをしていきます。下絵作家が、模様を考え、スケッチをした後、着物と同じ寸法の図案を描きます。次に、仮絵羽(かりえば)という着物の大きさに切り仮縫いをした反物へ、青花液で下絵を描きます。大帽子花より採取できる青花は、水に触れると消える性質があるため下絵に最適です。
  2. 2.糸目糊置(いとめのりおき) 仮絵羽に描いた下絵の隣り合う色同士がにじまないように、事前に輪郭線に従って糸目糊と呼ばれる糊を置いていく工程です。糊を置いた後に、青花だけ水で流すと、糊だけがきれいに残ります。ここからは生地を両脇にひっかけて引っ張った状態で行います。豆汁(ごじゅう)という大豆の汁を刷毛で塗り、すぐさま火で乾かす地入れ(じいれ)という工程です。これによって糸目糊を生地に染み込ませ、染めるときになじみやすくします。
  3. 3.色挿し(いろさし) 色挿しは、下絵に従って糸目糊を置いた生地の上に色を挿していく工程です。電熱器や炭火で生地を温め、染料を乾燥させながら、筆や刷毛で描いていきます。熟練の職人芸が光る仕事で、キャンパスの上で絵を描いていくように様々な色彩を着色していきます。思い描いた色を出すためには何年もかかって染料を調合することが必要です。
  4. 4.伏せ糊置(ふせのりおき) 伏せ糊置きは、後に行う地染めの際に、模様の色に地色が入らないようにするために色挿しした文様の部分に糊や蝋(ろう)をかぶせていく工程です。完璧に防染することができます。そして地染めの工程では、地の部分に刷毛で色を入れていきます。ぼかしたり、二度染めしたり、様々な技量をこらすことが可能です。生地全体を地色で染めたら、次は蒸しの作業に入ります。揮発水洗で、糊や蝋などをきれいに落としてから、蒸して染料を生地にしっかりとなじませます。蒸しが終了したら水洗で完全に余分なものを洗い流していく作業です。さらに、張り・湯のしでは、生地を柔らかく絹のような状態に整えます。以前は、水洗を鴨川や堀川といった美しい川で行っていて友禅流しと呼ばれ、町の人々が楽しむ光景となっていました。
  5. 5.仕上げ 仕上げの作業は、金箔やプラチナ箔、砂子、刺繍などを置いていく装飾加工です。金加工という技法があり、糊などを置いて、その上に接着していきます。他にも、糸目、ベタ箔、摺箔(すりはく)、切箔、砂子(すなご)、たたき、盛上箔、揉箔(もみはく)という技法が編み出されています。鮮やかで繊細な色彩を表現するのに、糸を使った刺繍(ししゅう)を加えることで、さらに華やかで豪快な雰囲気を表現可能です。現在では、型染めや写し染めが広がっていますが、振り袖や留め袖を作るときには、友禅染の仕事が丁寧に施されていて、金加工や刺繍により芸術世界が広がっています。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

富宏染工 トミヒロセンコウ

富宏染工

富宏染工は、京都ならではの感性と美意識が息づくきものの楽しみを、現代を生きる女性にお届けしようと、染匠として京手描友禅に取り組んでいます。

製造元の詳細をみる

Work Examples / 商品

古代友禅株式会社

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

京都伝統産業ふれあい館(京都市勧業館-「みやこめっせ」地下1階)

京都伝統産業ふれあい館(京都市勧業館-「みやこめっせ」地下1階)