紀州へら竿

紀州へら竿 キシュウヘラザオ

ヘラブナの釣り師 憧れの竿
しなやかな美しさから伝わる竿師の技術力

Description / 特徴・産地

紀州へら竿とは?

紀州へら竿(きしゅうへらざお)は、和歌山県橋本市周辺で作られるヘラブナ用の竹工品の釣り竿です。高野竹(スズ竹)、真竹、矢竹を原料とし、切り出して数年乾燥保管させ、厳選したものだけを使用します。
高野竹の産地である高野山のふもとである橋本市には、矢竹も豊富に自生していたため、へら竿作りが盛んになりました。竿師が1本の竿を作るには、切り出しから竹を組み立て、仕上げるまでに130の工程があり、ひとりの手作業で行います。紀州へら竿の特徴は約90cmの竹を3~5本を大きくしなっても折れないように、強度が必要な「並み継ぎ(なみつぎ)」にし、持ち手は太く美しい装飾と漆で艶やかに彩られている点です。1本が完成するまでには約半年かかり、工芸品としての美しさもあるため、高価ではありますがヘラブナ釣り師の間では、いつかは手に入れたい憧れの竿になっています。

History / 歴史

紀州へら竿 - 歴史

竹質が硬い太い真竹を割り裂いて削り出す「削り穂(けずりほ)」を考案した初代「竿正」溝口象二は、1882年(明治15年)に大阪でチヌ竿の製作を始め、名人と呼ばれました。
その長男である二代目「竿正」溝口昇之助は、1907年(明治40年)に象二の弟子になりました。昇之助は和服の洗濯時に布が縮まないように使用する竹製の細串から思いつき、「削り穂」を竿の穂先に使用することを発案した人です。
昇之助に弟子入りした「竿五郎」椿井五郎が穂先の次の部分である穂持ちに、節が低く、肉厚で丈夫な高野竹を使ったへら竿を作った創始者です。
「竿五郎」に師事した竿銘「師光」児島光雄が1931年(昭和6年)、竿銘「源竿師」山田岩義は1934年(昭和9年)に橋本市に戻り、独立して以来、本格的な紀州へら竿の技術が伝えられました。竿銘とは竿師の作家名や作品名のことです。紀州へら竿は竿師の系統図があり、現代に至るまで脈々と師匠から弟子にその技術は受け継がれています。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.原竹の乾燥 紀州へら竿には高野竹、真竹、矢竹の3種類の竹が必要です。10~12月までに切り出した竹をカビや虫が付きにくい4月末まで日に当て乾燥させ、風通しがよい室内で保管し、厳選して使用します。乾燥して3年保管して作成される竿もあります。特に高野竹は乾燥させると表面にシミができ、「紋」と呼ばれて大切にされます。
  2. 2.生地組み 竿の先端から、「穂先」はしなりがあり、竹細工に適している真竹、「穂持ち」は肉厚でバネがある高野竹、「三番(さんばん)」や「元(もと)」は和弓の材料にもなる矢竹が使われます。竿の基本設計になるため、竿師の鋭い感性でそれぞれの竹のクセやバランス、重さをみながら組み合わせます。また、組み合わせた時の竹の相性もみます。自然の竹を使用するので、素材を見極める目が必要になります。
  3. 3.火入れ 遠赤外線で竹の内部まで熱が通りやすい炭火であぶりながら「ため木」の切り込みに竹を通して、まっすぐにしていきます。「ため木」の素材はカシやサクラ、クリなどの堅い材質で作られています。熱を加えることで竹繊維が硬化を起こし、竿に適した材料になります。3~4回繰り返すことで竹の反発力を高める重要な工程ですから熟練の技が必要です。
  4. 4.中抜き 使用しない時はコンパクトな紀州へら竿は「並み継ぎ」をしてあり、伸ばすと2~6mにもなります。しまえるようにまっすぐにした竹を上下に切り、「三番」や「元」の中に「穂先」と「穂待ち」が入るように節を長いキリで抜きます。
  5. 5.込み削り 竿の継ぎ目の「竹尻」にヤスリをかけて、テーパーと呼ばれる先細りにしていきます。また竹は丸く削る技術も必要になります。
  6. 6.絹糸巻き 竿の継ぎ目の竹先部分は「玉口(たまぐち)」と呼ばれ、竿が縦に割れる補強のために絹糸をまきます。
  7. 7.漆塗り 絹糸を巻いた「玉口」の上から漆を塗り、水ペーパーで研ぐ工程を繰り返し、強度をつけます。
  8. 8.差し込み 竹の継ぎ目の「竹尻」の先細りに合わせて竹先の「玉口」に穴を開けます。抜けない、抜けやすい状態にならないようにするためにも、竿師の技量が問われます。
  9. 9.握り 釣師の握る部分を和紙と糸で作ります。貝殻の内側にある虹色光沢の真珠層を薄く切り、漆地にはめ込む螺鈿(らでん)や漆地に金粉や銀粉で描く蒔絵(まきえ)など美しい工芸品の技法を使う竿もあります。竿師の特徴が最も発揮される部分ですから、色付けされた漆を塗るなどの意匠を凝らします。
  10. 10.穂先削り 直径約10cm以上、5年生以上の真竹を細く割り、貼りあわせて細く丸く削り、竿の先端を作成します。刃とヤスリを使用して1mmまで削ぐ、繊細で最も熟練の技が必要な作業と言われています。
  11. 11.胴漆塗り(胴拭き) 竿全体に指で漆を塗り、乾燥させ磨く工程を繰り返し、ツヤと補強を行います。漆を塗って拭き取って、乾燥させる作業を繰り返すため、時間や手間がかかります。また、漆はかぶれる性質があり、美しく仕上げるには根気と技術を求められます。
  12. 12.仕上げ 竿をつなぎ、竿師は釣師が満足できるように細心の注意を払いながら、火入れをして微調整を図ります。竿銘を竿袋にいれて完成します。

See other Wood, bamboo crafts / 木工品・竹工品一覧

See items made in Wakayama / 和歌山県の工芸品