都城大弓

都城大弓 ミヤコノジョウダイキュウ

2メートルを超えるしなやかな曲線
実用性と風格を兼ね備えた佇まい

Description / 特徴・産地

都城大弓とは?

都城大弓(みやこのじょうだいきゅう)は、宮崎県都城市周辺で作られている竹工品です。都城市周辺は良質な竹の産地として知られ、古くから都城大弓を含む弓づくりの他に、木刀などさまざまな武具がつくられてきました。
特に和弓(わきゅう)は日本でトップクラスのシェアがあり、現在でも、国内の和弓の多くが都城市で作られています。このように和弓の産地として名高いことから、都城市では毎年弓道の全国大会が行われるようになりました。
都城大弓の特徴は、良質な竹で作られた2メートルをゆうに超える長さです。弓を長くすることによって、命中率があがり、遠くまで矢を飛ばせることから古くより優れた武具として全国的に知られていました。
武具として優れているだけでなく、弓のにぎり部分には鹿の革を使った美しい模様もあしらわれており、和弓としての風格も兼ね備えています。実用的なのはもちろん、美しさも併せ持った工芸品です。

History / 歴史

弓は遠い戦国時代などでは武器として、または武術の鍛錬の道具として作られてきました。都城市でも、豊富な竹を利用して古くから都城大弓など竹細工が作られてきたと考えられています。残念ながら現存する資料にいつごろから都城大弓が作られたのかを知ることができるものはありません。
江戸時代において、都城から鹿児島周辺を治めていた島津藩(しまづはん)の領主によってまとめられた、江戸時代後期の書物「庄内地理志」に都城での弓づくりについての記載が見られます。江戸時代においてはすでに都城での弓づくりが盛んだったということが伺える貴重な資料です。
さらに、弓道が盛んだった島津藩での弓への需要が高かったことから、都城での弓づくりを島津藩が保護していたという記録も別に残っています。
明治時代になると楠見善治という人物が鹿児島からさらに高度な技術を持ち寄り、弓づくりの技術を発展させました。その技術はのちに認められ、1994年(平成6年)には、国の伝統工芸品に指定され、現在も高い技術を脈々と受け継いでいます。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.竹林(ちくりん) 都城大弓では、細かく分けると200にも及ぶ工程を職人が一人で行います。最初の工程とされるのが竹選びです。材料の真竹(まだけ)は、生まれて3~4年のものを使用します。竹に弾力があり、肉の厚みがちょうどよいからです。
    そして、都城大弓に使われるのは竹だけではありません。弓の芯と上下には、ハゼノキという木を使います。ハゼノキを混ぜた方が竹単体で作るよりも頑丈に仕上がるためです。
  2. 2.真竹(まだけ)の切り出し 竹の切り出しは、11~12月にかけての寒い時期に行います。水の少ない渇水期(かっすいき)に入り、加工するのに適した竹が採れるからです。そして、切り出した竹はそのまま使わず、小割にして、3~4ヶ月かけて自然乾燥させます。
  3. 3.弓竹の油抜き・乾燥 切り出した新しい竹には、油分が多く含まれています。竹を軽くし、充分な回復力をつけるためには、しっかりこの油を抜いてあげなければなりません。「弓竹の油抜き」では、竹を炭火であぶり、浮かび上がった油分を拭き取って取り除いていきます。この油抜きの工程は、竹があめ色になるまで繰り返されます。
    こうして油抜きされたものは、一週間かけて天日干しをかけ、しっかり乾燥させることで、アクや汚れを取り除いていきます。
  4. 4.弓竹、芯竹の火入れ 火入れでは、再度竹を炭火できつね色になるまで焼あぶっていきます。この火入れという作業は、竹を軽くするだけでなく、虫をつきにくくするための大事な作業です。
  5. 5.弓芯の張り合わせ 弓芯は、3~9枚の竹を重ねたうえで、ハゼノキを使用する場合は、両端にハゼノキをのりづけしてつくっていきます。弓芯に竹を重ねるほど、弾力のある大弓に仕上がります。
  6. 6.弓竹の削り 次に、弓芯の裏表に取り付ける、弓竹の加工作業です。両端に行くほど薄くなるように、握り部分を中心に削っていきます。
  7. 7.額木(ひいたぎ)、関板(せきいた)の削り 額木と関板は、弓の上下にある弦(つる)を掛ける部分です。ハゼノキや竹を決められた寸法に切って削っていきます。
  8. 8.弓の打ち込み それぞればらばらに加工された弓芯、弓竹、額木、関板を組み合わせて、一本にしていく作業です。弓の反った形をつくるために、一本にのりづけされたものをしっかりとロープで縛り、ロープの目ごとに長けのくさびを打ち込んでいきます。打ち込みは、できあがりとは逆の方向に行うのがポイントです。
  9. 9.弓の張り込み 弓にしっかりと曲線をつけていく作業です。打ち込みでは、くさびを仕上がりとは逆の方向に打ち込んで反りをつくりました。弓には強い反発力というものがあります。一度裏反りにすることで、反発力がより強くなり、張り込みでくさびを外していくと、しなりのある美しい曲線ができるのです。そして、これに弦を張っていき、全体的に形を整えていきます。
  10. 10.弓の仕上げ 10日ほど張り込ませて形を整えた後は、弓の形の仕上げです。やすりやサンドペーパーを使用して、その弓に適した形へと削っていきます。
  11. 11.握束(しょうぞく) 握束とは、弓の握り手の部分です。籐(とう)のヒモと鹿の革をまいて仕上げていきます。
  12. 12.完成 使う人に合わせ、握りの部分の長さを変えるなど、微妙な調整も行っています。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

横山黎明弓製作所 ヨコヤマレイメイ

南崎寿宝大弓製作所 ミナミザキジュホウ

材料の目利きと伝統を重んじ日々弓作りに励んでおります。

株式会社 楠見蔵吉弓製作所

初代堀江善兵衛より七代目、現代の材料、技術との融合を図っております。理想の姿を求めて、今よりも少しでも良いものをつくるため、日々妥協なく、作り手としての弓道を探求し続けます。

小倉大弓製作所 オグラダイキュウセイサクショ

昭和天皇の即位の儀に大弓を献上した斉藤紫山の伝統と技術を受け継ぐ当製作所は、末永く愛用して頂ける弓を目指して日々精進いたします。

See other Wood, bamboo crafts / 木工品・竹工品一覧

See items made in Miyazaki / 宮崎県の工芸品