信楽焼

信楽焼 シガラキヤキ

窯変が作り出す一期一会の素朴な景色
わびさびの精神に影響を与えた日本六古窯の一つ

Description / 特徴・産地

信楽焼とは?

信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽町周辺で作られている陶磁器です。陶土に木節(きぶし)、実土(みづち)、蛙目(がいろめ)などの粘土や原料を合わせて練るため、コシがでて、肉厚な焼き物や大きな焼き物を造ることができます。
信楽焼の特徴は、粗めの土質を用いて耐火性が高いことです。焼成する工程によって、ピンクやほのかな赤色に発色し、赤褐色系統の火色(緋色)が生まれます。
信楽の白みある土に映える火色(緋色)は「窯あじ」と呼ばれるものです。温度や焚き方によって微妙に変化する窯あじによって、信楽ならではの温かい発色が付きます。その表面に「焦げ」や釉薬をつけるため、柔らかい表情の焼き物になります。「焦げ」とは、薪が窯で燃え尽きて積もった灰に埋まった焼き物の裾の部分が、黒褐色に発色することです。焦げは「灰かぶり」とも言われます。
茶陶器においては、信楽焼の焦げ部分のさびた趣きが珍重されています。他の産地では見られない、人の肌のような素朴な温もりや豊かな表情が垣間見えます。

History / 歴史

信楽焼とは、天平時代に生まれたと言われる日本六古窯1つで、聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)を作る時に、瓦を焼いたのが始まりと言われています。
鎌倉時代中期には主に水瓶などが作られ、安土桃山時代には茶の湯の発達により、茶道具の生産が盛んになりました。茶器などの茶道具の名品が生まれ、信楽焼のわび・さびの味わいは現代にも生きています。
江戸時代は徳利や土鍋など、いろいろな生活用の器が作られ商業としても発達しました。 大正時代から戦前までは、各家庭で愛用された火鉢が多く製作されていました。明治時代には釉薬の研究と共に、信楽焼の火鉢は国内販売の8割を占めました。
土の味わいや温もりを生かした風合いが愛され、現在では、花器や食器、置物やタイルまで、幅広く住宅やインテリアに使われています。1976年(昭和51年)には信楽焼は国の伝統工芸品として指定され、狸の置物が代名詞にもなり「陶器の町、信楽」としても親しまれています。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.成形(せいけい) 信楽焼に使われる土は、琵琶湖の湖底に堆積した古琵琶湖層より採取します。およそ400万年前から積もった土は耐火性があり、信楽焼の素朴な肌触りや温かい火色を創りだすことが可能です。掘り出された土を、成型が可能な陶土にするために調合します。木節(きぶし)や実土(みづち)、蛙目(がいろめ)など様々な性質をもつ土や原料を砕いて、水分と一緒に良く練ることで更に良質の陶土をつくります。出来上がった陶土は、種類に合わせて土煉機で練ります。

    成型時の気温・湿度の影響や陶土の性質を熟知した陶工によって、陶土を商品の形に成型します。陶土は焼成後に焼き締まるため、出来上がり商品のサイズよりも大きいサイズを作ります。主にろくろを使って成型しますが、ろくろで成型がむずかしいフォルムの鉢や楕円の皿などは、たたら板を使用する場合もあります。
  2. 2.模様づけ 成形した器を削ったり、印をつけたりして模様を加えます。松の皮に似せた「松皮模様」や、小さな花を入れた「印花模様」などの装飾を施します。
  3. 3.絵付け 作品によっては職人の手作業で絵を入れます。絵付けには鬼板(おにいた)や呉須(ごす)などを用いて、筆で絵を描きます。
  4. 4. 釉(くすり)かけ 素焼きが終了した後、素地に釉かけをします。長石や石灰石、珪石、酸化鉄などを調合し、エアガンや筆、ひしゃくなどで釉薬を施工する、職人の技術の見せどころです。施釉した色は焼くと溶けて、印象の異なる鮮やかな色に変化するため、窯元の技術や個性が現れます。施釉が濃い場合は、焼成しても溶けずに綺麗に発色しなかったり釉薬の縮れとなることもあります。逆に薄い場合は、素地の色のままになってしまう「素地に喰われる」状態になるため、熟練した技が必要な工程です。
  5. 5.本焼き 窯に並べた商品を1200度以上の高温で焼成します。古来は薪を使った登り窯で焼き上げており、炎の中で灰と土が反応してガラス化する自然の釉薬である「ビードロ釉(ゆ)」という信楽焼の質感が生まれました。現在では炎が安定するガス窯、電気窯を使用している窯元もあります。焼き物の出来上がりは気温や湿度など環境に左右されるため、窯を開けてみるまでどのようになるのかわからず、職人が期待を込めて行います。信楽焼の伝統と、現代の感性と技術を取り入れながら焼成されています。

    窯詰めして24時間以上焼きあげた後、窯出し作業を行います。窯出し時はおよそ200度程度の温度があるため、軍手をはめるなど、ヤケド防止をしながらの作業です。窯出しした商品は、ひとつひとつ口元や底を研磨して仕上げます。丁寧な検品が終わったら、破損がないように包装したり化粧箱に入れるなど、商品にあわせた出荷作業にかかります。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

明山陶業株式会社 メイザントウギョウ カブシキガイシャ

私たちは、お客様に笑顔を届け、土のぬくもり、人のぬくもりを感じるこだわりの商品づくりを通して、社会から信頼・共感される窯元となることを約束します。

株式会社 谷寛窯 カブシキガイシャ タニカンガマ

明治初期、海鼠(なまこ)釉を研究、完成させ信楽焼きの発展に貢献した、初代谷井直方に始まる。その後、四代目の時に分家し、谷寛製陶所(現、谷寛窯)を設立。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

甲賀市信楽伝統産業会館

甲賀市信楽伝統産業会館 ©(公社)びわこビジターズビューロー

See other Ceramic / 陶磁器一覧

See items made in Shiga / 滋賀県の工芸品