九谷焼 写真提供:石川県観光連盟

九谷焼 クタニヤキ

五彩(緑・黄・赤・紫・紺青)の鮮やかな色絵
豪華絢爛で力強い花鳥山水の世界

Description / 特徴・産地

九谷焼とは?

九谷焼(くたにやき)は、石川県加賀市周辺で作られている陶磁器です。色絵のついた陶磁器の伝統工芸品で、江戸時代前期に誕生しました。
九谷焼の特徴は、鮮やかな色彩と大胆かつ優美な紋様、そして「上絵付け」と呼ばれる技法です。上絵付けとは釉薬の上に顔料で絵付けを行い、再度焼く技法のことです。上絵付けに使われる上絵の具は800度程度で焼き付けできるため、顔料の制約が少なく、多彩な色彩が楽しめます。九谷焼のほかに有田焼でも用いられている技法です。
九谷焼の色彩はいずれも鮮やかですが、種類により少々異なります。通称「九谷五彩」と呼ばれる5つの色(赤・黄・緑・紫・紺青)を使うものは、古九谷と木米風です。吉田屋風は、青・黄・紫・紺青の四鮮が美しく、飯田屋風は「久谷赤絵」と呼ばれるほど特徴的な赤色が目立ちます。永楽風は艶やかな赤と金が施され、庄三風は古九谷・吉田屋・赤絵・金欄手の手法を兼ね備えたバランスの良さが美しい九谷焼です。

History / 歴史

九谷焼 - 歴史 写真提供:石川県観光連盟

九谷焼の始まりは1655年(明暦元年)に遡ります。加賀藩の分家である大聖寺藩領の九谷村で生産されたことから九谷焼の名がつきました。
有田で陶芸を学んだ後藤才治郎が開窯しますが、わずか半世紀で一度廃窯してしまいます。廃窯に至った経緯はわかっておりませんが、密貿易品の疑いがかかったためという説もあります。このわずかな期間に生産された陶磁器は「古九谷」と呼ばれ、華やかな色使いと特徴的な図柄が見て取れます。
廃窯から約100年後に加賀藩の奨励による取り組みによって再び九谷焼が作られるようになりました。まず、1807年(文化4年)に京都より文人画家の青木木米が招かれて春日山窯ができ、木米風の歴史が始まりました。続いて、1827年(文政7年)には豪商吉田屋伝右衛門による吉田屋風、1831年(天保2年)には飯田屋風、1841年(天保12年)には庄三風、1865年(慶応元年)には永楽風が誕生しました。

General Production Process / 制作工程

  1. 1. 陶石の粉砕 まず、原料となる陶石を採掘し、粉砕機で細かく砕いて粉末にします。陶石を砕いて作った粉末には不純物が混ざっているため、このままでは使えません。粉末を水につけて濾す「水簸(すいひ)」を行い、不純物を取り除きます。不純物を取り除いて余分な水分を飛ばし、練り上げて空気を抜いたら坏土(はいど)の出来上がりです。
  2. 2. 成形 ろくろ、ひも作り、手びねり、タタラ作り、鋳込みなど、様々な方法で形を作っていきます。高台の削り出しや後付・つまみ作り・縁の仕上げ・模様彫りなど、細かい部分の仕上げを行うのは、成形後です。仕上げまでできたら天日でしっかり乾燥させ、約800~900度で8時間ほど素焼きします。なお、素焼きをすると土の色が灰色から肌色に変わり、強度を高くなって次の工程(釉薬かけや下絵付け)がしやすくなります。
  3. 3. 施釉(せゆう)・本窯(ほんがま) 下絵付けが終わったら釉薬(ゆうやく)をかけます。使うのは、焼きあがった時に透明になるという特徴を持つ「白釉(はくゆう)」という釉薬で、本焼きによってガラス質になります。焼き物の表面がガラス質で覆われることにより、器を強化し、器の汚れを防げます。なお、釉薬は厚すぎても薄すぎてもいけません。手早く丁寧かつ均等につけることが大切です。施釉が終わったらいよいよ本窯で、1,300度の高温で15時間ほど焼きます。
  4. 4. 上絵付け 上絵の具を使って彩色していきます。彩色で描かれる紋様や使われる色は、九谷焼の種類によって様々です。彩色の前に黒色の呉須で骨描き(こつがき)をすることもあります。骨描き(こつがき)とは輪郭線を引くことで、日本画でも使われる手法です。上絵付けが終わったら、800~1,000度で焼成します。この焼成によって上絵の具が釉薬に定着し、美しく発色します。

    永楽風など、陶磁器のデザインによっては、金彩(きんさい)や銀彩(ぎんさい)を施すことがあります。金彩では金箔を、銀彩では銀箔をはりつけ、その上から釉薬をかけ、もう一度焼成します。焼成温度は約400度で、最後の焼成が終われば九谷焼の完成となります。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

錦山窯 キンザンガマ

錦山窯は、九谷焼上絵付を専業とする窯元です。1906(明治 39)年に初代吉田庄作がこの地に開業して以来、およそ 110 年の間、窯の火を絶やさずに作陶を続けています。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

石川県九谷焼美術館

石川県九谷焼美術館 写真提供:石川県観光連盟