久米島紬 写真提供: 沖縄観光コンベンションビューロー

久米島紬 クメジマツムギ

久米島の自然と歴史が生み出した独特の風合い
1人の織子の手で織り上げられる貴重な逸品

Description / 特徴・産地

久米島紬は(くめじまつむぎ)は沖縄県久米島町で作られている織物です。
久米島紬の特徴は、素朴でしなやかな風合いと独特の深い色調です。久米島紬の制作は、図案の選定、染色の原料の採取、糸の染め付け(そめつけ)、製織(せいしょく)のすべての工程を1人の織子(おりこ)が手作業で行います。
使用する糸は、紬糸(つむぎいと)か引き糸のいずれかで、島内に自生している植物を使った「草木染め(くさきぞめ)」や「泥染め(どろぞめ)」という手法で染め付けます。紬糸とは、繭(まゆ)から生糸(きいと)を作る際に使用できない屑繭(くずまゆ)を真綿(繭を綿のような状態に引き伸ばしたもの)の状態にして、撚り(より)をかけて手紡ぎ(てつむぎ)した糸のことで、引き糸とは、繭から生糸を手で引き出したものです。
天然染料を使うことで、織り上がった久米島紬は、洗うたびに染料の灰汁(あく)が抜けていき、色が冴えてますます美しい色合いになっていきます。
また、絣模様(かすりもよう)に織り上げるために糸に色を付ける部分と付けない部分を細かく染め分けなければなりません。色を付けない部分には、事前に木綿の糸を巻き付ける「絣くくり(かすりくくり)」という工程を行います。非常に繊細で根気のいる作業で、一般的な紬や絣は機械を使用して「くくり」を行う場合が多いですが、久米島紬の場合は、「絣くくり」の工程もすべて手作業で行います。

History / 歴史

久米島紬 - 歴史 写真提供: 沖縄観光コンベンションビューロー

久米島紬の歴史は古く、室町時代にはすでに紬が作られていたと言われています。「琉球国由来記」によると、14世紀末久米中城(くめなかぐす)の家来頭・堂之比屋(どうのひや)が明(みん:当時の中国)に渡り、養蚕(ようさん)などの技術を持ち帰ったことが起源だと伝えられています。
久米島紬の歴史は重い人頭税とともにありました。1511年(永正8年)に琉球王国の支配下になると紬を貢納布(税金)として納めるようになり、1609年(慶長14)に琉球王国が薩摩藩に侵攻されると、ますます税は重くなり、紬の質の向上も求められました。そこで、琉球王府は1619年(元和5年)に、越前から坂本普基(さかもとひろもと)を招聘し、養蚕や真綿の製法などの技術を伝えさせました。
その後、薩摩の友寄景友(ともよせかげとも)によって染色や紬織の技術が伝えられ、久米島紬の基礎が築かれたと言われています。やがて、久米島の紬は薩摩を経て江戸に送られ、「琉球紬」の名で知られるようになりました。
貢納布としての紬の生産は1903年(明治36年)に人頭税制度が廃止されるまで続き、1905年(明治38年)頃から始まった改良事業により、ようやく産業として発展するようになりました。

General Production Process / 制作工程

久米島紬 - 制作工程 写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

  1. 1.糸紡ぎ(いとつむぎ) 繭(まゆ)をアルカリ溶液で煮て柔らかくします。
    緯糸(よこいと)は、繭から糸を引き出して1本の糸にし、縦方向によりをかけながら座ぐり機で小管(こくだ)に巻き取ります。経糸(たていと)は、繭をぬるま湯に浮かべ、裏返して手にかぶせ広げて角真綿にします。角真綿をほぐして糸を引き出し、指でかるくよりをかけて小菅に巻き付けます。
  2. 2.意匠設計 御絵図帳(みえずちょう)などを参考に図案を作成します。御絵図帳とは首里王府の絵図奉行によってまとめられた絣の図案集で、模様や染色方法などが細かく指定されたものです。紬の柄は、自然や動植物などが使われます。
  3. 3.絣括り(かすりくくり) 久米島紬は模様によって、色を付ける部分と付けない部分とをあらかじめ染め分けた絣糸を使用します。でんぷんで糊付けした経糸を木枠や竹枠に巻き取る「糸繰り(いとくり)」を行った後、一定の長さに切って必要な本数をそろえます。この工程を「整経(せいけい)」といい、後の作業をスムーズにするために欠かせない工程です。次に、染めない部分に炭で印を付け、ビニールでくるんでから綿糸で括ります。
    印の位置やくくる位置を正確に行わないと絣の柄が合わなくなります。また、括りが弱すぎると色がにじんで絣の鮮明さがなくなり、逆に強すぎると色の区切りがはっきりしすぎて、久米島紬の特徴でもあるやわらかい絣足(かすりあし)が出せなります。絣の模様を美しく出すために、正確さと根気が必要な大切な作業です。
  4. 4.種糸取り 緯糸は、糊付けした白の木綿糸を絵図台にかけ、図案にそって丁寧に墨を付けて種糸(たねいと)という絣糸の目安となる糸を作ります。緯糸は糸繰りして種糸の長さに整経します。次に種糸を緯糸に沿って張り、印を付けた部分を括ります。
  5. 5. 染色 染色は湿度が低く、日差しがやわらぐ9月頃から行います。島内に自生する植物のみを使用して糸を染色するのが特徴で、島に自生する植物染料で染色します。色は煤竹色(すすたけいろ)、赤茶色、銀鼠(ぎんねず)、黄色、鶯(うぐいす)色などがあり、使用する植物と媒染(ばいせん)に使う原料とで色が決まります。媒染とは、草木染めの発色を良くしたり、繊維に色を定着させるために行う工程で、泥染めやグズナなどがあります。
    泥染めは、細かく割ったグールを2~3時間煮詰めた熱い液に、糸を約30分浸けて干し、むらができないように乾かします。これを1日4~5回、10日間繰り返します。
    グール染めが終わると、次にテカチで染めます。1日に6~7回繰り返し、14日ほど続けます。その後、黒褐色になるまで、泥染めとテカチ染めを繰り返します。
  6. 6.仮筬通し(かりおさどおし)、巻き取り 筬(おさ)とは経糸(たていと)を通す櫛状の道具のことです。
    地糸(じいと)は糊付けし、木枠や竹枠に巻き取る「糸繰り(いとくり)」をした後、織機に通すために必要な長さと本数をそろえます。絣模様が正しい位置にくるように絣糸と地糸を図案に沿って割り振り、仮筬の1目に2本ずつ地糸を通していきます。経糸は櫛(くし)で溶かして固く巻き取ります。
  7. 7.絣解き(ひもとき) 経糸は、括った木綿糸をほどいて糊を付けて引っ張ります。緯糸は1本ずつ小分けをして、地糸とともに小管に巻いて織り機に取り付けます。
  8. 8.織り 経糸を借筬に通されている地糸と地糸の間に通していきます。経糸を通し終わったら、2枚の綜統のアゼに沿って、配列が終わった経糸を1本ずつ通します。アゼとは経糸と緯糸(よこいと)を配列する道具のことです。
    次に、筬の1目に2本ずつ糸を通していきます。緯糸は1本ずつ小分けして、地糸とともに糸車に巻き付けて織杼(おりひ)にセットします。
    このあと、「織り」の工程に入ります。織りは木製の高機(たかぐす)を使い、織杼(おりひ)を手で投げて緯糸を通し、筬を手前に打ち込む「手投げ杼(てなげひ)」という技法で行います。1ヶ月ほどかけて1本の反物を織り上げます。
  9. 9.砧打ち(きぬた打ち) 織り上がった反物を屏風(びょうぶ)たたみにして30℃くらいのぬるま湯で洗い、天日干しにします。次に8分乾きの状態で織り目を整え、再度屏風たたみにして木綿で包んで「きぬた打ち」をします。「きぬた打ち」は約4.5キロの杵(きね)を使って2人がかりで20~30分程度たたき続ける作業で、紬の光沢と風合いを出すための重要な工程です。きぬた打ちを終えた反物を天日干しで乾燥させ、折れじわを伸ばして仕上げます。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

久米島紬の里 ユイマール館・展示資料館

久米島紬の里 ユイマール館・展示資料館 写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー