江戸切子

江戸切子 エドキリコ

繊細で華やかな模様の組み合わせ
カットの美しさと独特な手触り

Description / 特徴・産地

江戸切子とは?

江戸切子(えどきりこ)は、東京都(江戸)で作られているガラス工芸品です。切子とはカットグラスの意味で、その美しさから現在でも酒器やグラスとして親しまれています。
もともとは無色透明なガラスの表面に模様を入れる工芸品でしたが、明治時代以降になると技術の確立に伴い、色被せ硝子を使った江戸切子が多く生産されるようになりました。今では青色や赤色などの硝子に細工を入れたものが江戸切子である、というイメージも強まりつつあります。
江戸切子の特徴は、華やかで独特なカットが施されたデザインです。代表的な「魚子(ななこ)紋」は細かな線がたくさん入り、近くで見ると小さな四角形が並んでいるように見えるデザインで、魚の卵が連なる様子に似ていることから魚子と名付けられました。ほかにも、植物をモチーフにしたデザイン「菊つなぎ紋」「麻の葉紋」など、日本らしい模様が彫られた江戸切子もあります。

History / 歴史

江戸切子 - 歴史

江戸切子は江戸時代の後期、天保5年(1834年)に江戸大伝馬町でビードロ問屋を営んでいた加賀谷久兵衛が、金剛砂を使ってガラスの表面に細工を施したのが始まりとされています。
明治時代に入ると殖産興業政策の一環として、近代的な硝子製造所が建設されています。1881年(明治14年)には御雇い外国人としてイギリスのカットグラス技師・エマヌエル・ホープトマンが招聘され、イギリスのカットグラスの技術が江戸切子の技術に融合されました。さらには薩摩切子が断絶したことにより、薩摩切子の職人も江戸に渡って江戸切子の製作に携わり、色被せガラスが使われるようになりました。
大正時代から昭和時代の初期にかけて、現在「和グラス」といわれているカットグラスは人気を博し、グラスや器、照明器具のセードなど多様な形で普及しています。現代まで続く江戸切子のメーカーもこの時期に創業しています。

General Production Process / 制作工程

  1. 1.割り出し・墨付け 江戸切子の製作では、削っていく図案の下絵は描かずに、「割り出し」または「墨付け」といわれる、図案を入れる場所に目印を入れる作業を行います。ガラスの表面に施す図案の配分を決めた後、ベンガラをつけた竹棒や筆で印をつけるものです。つぎに、図柄の基準となる線を砥石で細かく浅く削ることで入れていきます。このわずかな目印や線を頼りに、職人の熟練の技によって、江戸切子の繊細な模様が削られていきます。
  2. 2.荒摺り・三番掛け 「荒摺り」では、模様の基本となる仕上がりの4分の3程度の幅や深さまで削ります。ガラスの表面を削る工程では、金盤(かなばん)という高速で回転する鉄製の円盤の表面に、砂をペースト状にしたものを載せて削っていきます。このときに使う砂は金剛砂(こんごうしゃ)と言われ、「荒摺り」に使う砂は粒子がもっとも荒い「一番砂」です。「親骨」という模様の境目となるくっきりとした線や大まかな模様は「荒摺り」の段階で作られ、2~3回に分けて行う場合もあります。下絵がないため、線の太さや深さ、バランスは職人の経験によって削っていきます。
  3. 3.石掛け 「石掛け」とは、「荒摺り」と「三番掛け」で施された模様を整え、細工を施した表面が滑らかになるように研磨していく工程です。砥石製の円盤を使い、金盤では作りだせない細かな模様も削り出していきます。円盤に用いられる砥石には、天然のものと人工のものがあります。「石掛け」は図柄を作りだす最終工程でもありますので、仕上がりを大きく左右します。「石掛け」は削る最後の工程であり、砂目を残さないように慎重で丁寧な作業が求められます。
  4. 4.磨き 「磨き」は、石掛けによって不透明になっている表面を磨くことで、ガラスを透明な状態に戻して光沢を出し、江戸切子の魅力を引き出す最終工程です。「磨き」はソーダガラスの場合に行なわれる作業で、高級なクリスタルガラスの場合には、フッ酸などの薬品処理されることもあります。

    「磨き」は、桐や柳の木盤、あるいは毛ブラシ盤やベルト盤など、作品に合わせた磨き用の円盤を使い、水と磨き粉をつけて磨きあげていきます。細かい部分などを布やブラシによって磨くケースもみられます。最後に、ハブ盤と言われる布の円盤による「バフ掛け」と言われる仕上げ磨きをしてツヤを出すと、「磨き」の工程が終わり、江戸切子は完成です。

Leading Ateliers / 代表的な製造元

カガミクリスタル株式会社 カガミクリスタル カブシキガイシャ

「くらしに夢と輝きを」日本におけるクリスタルガラスの第一人者、各務鑛三の残した"もの創りの心"をカガミクリスタルの心として、お客様にご満足いただける商品を作り続けております。

株式会社 江戸切子の店華硝 カブシキガイシャ エドキリコノミセハナシヨウ

常にお客様に美しいものをご覧いただきたいという思いを持って、江戸切子の製造を行っています。

Where to Buy & More Information / 関連施設情報

すみだ江戸切子館

See other Other crafts / その他の工芸品一覧

See items made in Tokyo / 東京都の工芸品